イタチの被害には慌てずに対応しよう|捕獲のプロにおまかせ

快適な生活を阻害する

鼬

イタチは、かわいらしい見た目からは想像できない程非常に凶暴な動物です。そのため、住宅などに侵入した場合には、小さい子どもなどにけがをさせてしまう恐れがあります。イタチが住宅に侵入したときのデメリットは他にもあります。そのデメリットとは、屋根裏や床下を走り回ることにより生じる騒音や、糞や尿などによる衛生状況の悪化などをあげることができます。イタチが住宅に侵入して住み着いてしまったときには、専門の業者へすぐに連絡して捕獲を依頼するのが良いと考えられます。

イタチは住宅にある小さな隙間から侵入するという特徴を持っています。子どもを育てるときには、なるべく他の生物に見つかる恐れがないところに住み家を作りたいと考えるのが動物の本能です。住宅の屋根裏は、その他の動物が侵入してくる恐れのない格好の場所であると考えられます。こうした理由から、イタチは住宅などの人工物へと侵入してくるのです。

イタチが住み着いてしまうことによる一番の被害は、糞や尿による悪臭と、同じところに糞や尿をすることによって天井に糞や尿のシミができるということです。イタチの排せつ物には、イタチが保有している病原菌やアレルギーの元になるものが含まれています。このような衛生環境の悪化は、快適な生活を阻害する要因の一つであると考えられます。住宅に侵入したイタチを捕獲しなければ、このような被害はずっと続くでしょう。イタチによる被害に困っているときには、イタチ捕獲業者へ捕獲の依頼を相談することをおすすめします。