イタチの被害には慌てずに対応しよう|捕獲のプロにおまかせ

駆除方法を考える

作業員

イタチなどの害獣は、糞や尿が残っているところを自分の縄張りと認識します。こうした習性を考えると、住宅へイタチの侵入を許さないようにするためには、イタチの糞や尿を見つけたらすぐに掃除をして常にきれいにしておくことを心がけるようにすることが良いといえるでしょう。こうした対策は、玄関先や庭などといった目に見えるところでは対処をしやすいのですが、屋根裏や床下などの目が届きにくいところはそう簡単にいかないと考えられます。そのため、定期的に屋根裏や床下を点検して、イタチなどの害獣が侵入した形跡がないか確かめることが大切であると考えられます。もし住宅にイタチが住み着いてしまったときには、捕獲をして追い出しましょう。イタチを捕獲するためには、イタチの侵入経路に捕獲器を設置するのが一般的です。イタチは爪が鋭く歯が丈夫なため、頑丈でない捕獲器であればすぐに穴をあけて脱出してしまいます。そのため、イタチが噛んでも壊れないような頑丈な捕獲器を購入して捕獲することをおすすめします。捕獲以外にイタチを住宅へ侵入させない対策としては、忌避剤の設置があげられます。イタチは何回か同じ体験をすると、そのことを学習する頭の良い動物です。そのため、イタチの嫌う臭いを発する忌避剤を何度かイタチの動線に設置することで、二度とイタチが住宅に侵入しないようになる効果があると考えられます。インターネットでは、イタチ駆除の専門業者のホームページがたくさんあります。そのホームページを介して、イタチ駆除の相談をすることも可能です。無料で相談できるので、気軽に連絡をするのも良いでしょう。