イタチの被害には慌てずに対応しよう|捕獲のプロにおまかせ

被害を未然に防ぐ

男性

イタチは、住宅に侵入すると非常に厄介になる存在として知られています。特に衛生環境面の被害には注意が必要で、住民が重大な病気やアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。そんなイタチが住宅へ侵入しないようにするためには、イタチが嫌うようなものを設置して追い出してしまうなどの対策をたてるようにすることが大切です。イタチの侵入を防ぐ具体的な方法はいくつか存在します。その一つ目が、イタチの発達した嗅覚を利用して侵入してもすぐに追い出すようにするということです。イタチは臭いに敏感なので、害獣用の忌避剤や木酢液の臭いをするものを置くと、その臭いを嫌がってその場所に留まろうとはしない習性を持っています。ホームセンターなどでこのような製品を購入して屋根裏や床下などといった、イタチが侵入しそうなところに設置すると効果を発揮すると考えられます。イタチの侵入を防ぐ方法の二つ目は、目の細かい金属製のネットや網を侵入口に設置するということです。建物は築年数が経過すると、どうしても劣化が進んでしまって、どこかにわずかな隙間が生じてしまいます。イタチはこうした隙間を狙っているので、しっかりと点検をするようにしましょう。このような対策をしてもイタチが侵入してしまったときには、個人で捕獲をすることは難しいので、専門の捕獲業者の力を借りるようにしましょう。住宅に侵入したイタチを捕獲し、二度と戻ってこないようにするためには、イタチの習性を把握して、その習性に沿った効率の良いイタチ捕獲のための対策をしなければなりません。個人ではこのような対策をたてることは難しいので、専門家へ作業を依頼することをおすすめします。